2015年03月10日

春や昔の春ならぬ

たまに通る坂の下に小さな沈丁花が植えてある。
一番寒い頃に咲くその花の香りをかいで、冬もじきに終わるなと思う。
それから角の家の梅が咲いて、小学校の桜が咲いて散って、新緑の季節になる。
そういう「しるし」はいろいろある。
公園の藤棚や、河原にいきなりでてくる彼岸花や、銀杏臭い道路で私は四季を知る。

特に花好きというわけでもないけれど、毎日みるから変化に気づく。
毎年おなじ景色に出会うから「ああ今年もきたな」と感じる。

原発事故や戦争や迫害や貧困や自然災害や人災や、いろいろの理由で移住を強いられる人たちは、仕事や住まいといった基盤だけでなく、こんなとるにたりない大事なものも奪われているのだな。
どこかに行くために出ていくのと、ここにいられないから行くしかないのとでは、おんなじものを失っても痛みは違うんだと思う。
posted by ヒギリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

「最後まできちんと言いきっていけたらなあと……」

ここ数年インタビューなどでよく見かける「○○していければなあと……」という言い回しが嫌いだ。
語尾を濁して察してもらおうという性根が気に食わない。
はっきり最後まで言え。

「○○していただければと…」が流行りだしたのは、目上の人や客に「してください」を使うのは命令形だから失礼だとかいう意味不明の「マナー」がテレビで放送されたのがきっかけだったと思う。
で、していただければ何なの?
嬉しいの?ありがたいの?助かるの?誰が?

分厚い「マナー」の梱包をはがす手間をかけさせることは失礼にあたらないんだろうか。
相手が誰であれ強く言わなきゃいけないときはある。
指示に抵抗があるなら頼む・お願いするという手もある。
意味するところが同じならわかりやすく伝える方がよほど親切だ。

まして自分の未来の展望を「○○していけたらと……」なんて語るのは、ぼやかす理由すらわからない。
自分のことなんだから「します」と言えばいい。
有言実行の自信がないなら「したい」でもいい。
この他人事っぽい曖昧さは責任転嫁に通じるものがある。
自分の希望くらい言い切る覚悟を持とうよ。


ついでに「トイレをきれいにご利用いただきありがとうございます」も嫌い。
まだ使ってないのに当てつけがましい。
ここから店側の意図をくみとって、こちらの都合や気持ちをおもんぱかってきれいにつかってね、ってのはかなり図々しい要求だと思う。
きれいに使ってほしいという要求自体は当然だ。察して下さいってのが図々しい。
伝えたいのは「ありがとう」ではなく「汚さないでね」なのだから、正面から「きれいに使って下さい」と呼びかけるほうがが、いさぎよくて私は好きだ。

2015年02月15日

児孫の為に我田引水

ACのCMで、貧困国への寄付かなんかのがあった。
女性の声で、財産の一部を寄付してもいいかなと父に言われた(よい意味で驚いた)、とかってナレーションが入る。
いっぺん見ただけだから細かく覚えてないんだけど。
いただいたお手紙をもとに再現しましたとあった。

それを見て驚いた。
生きてる人が自分の財産の使い道について自立した子供の許可を得ようとするものとは思わなんた。
一緒にためた財産の使い道を配偶者と決めるならわかるけど子供にきくの?
同居の家屋とか共同経営の店とかじゃない、独立した資産で?

言っておいたほうがゴタゴタしないだろうけど承諾を得るようなことじゃない。
財産ってのはその人のもので、(扶養義務も含め)本人が使って、あまったら子供が優先的にもらえるんだと思ってた。
じじばばが教育資金や結婚費用を負担するよう求める税制改革とかもそうだけど、「親の物は子の物」って考えがあんまり強調されすぎなのはよくない。
そんなに囲い込まないで、おかねはもっと天下に回そうぜ。
いやこのCM自体は他人に残すのも素敵ねって言ってるんだけど。
posted by ヒギリ at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

過保護包囲網

絵本をひらいたら、先頭の書誌情報のページに小さく注意書きがあった。
「予想外の事故(紙の端で手や指を傷つける等)の防止のため、保護者の方は書籍の取り扱いにご注意ください。」

うそだろ、本にまでこんなアホな注意書き(もしくは免責アリバイ)がのるようになっちゃったの!?
しかもよりによってムーミンだ。

注意書きは本来、気づかないと不利益を被る可能性があることを指摘するために書くものだ。
たくさんの人が手に取るものは、たくさんの背景を持った人が利用する。
なかには、たいていの人が知っていることを知らない人もいる。
だから、言われなくてもわかりそうなことでも「わからない人」にあわせて、くどいくらいに注意を書く。
そんなにしつこく書く理由は、知らないと危ないから。
うっかり大けがをしたり死んだり破損させたりしないように注意を呼びかける。


さて、紙の本を不用意にあつかうとどのような「予想外の事故」がおこりうるか。

ピッ。
「あれ?いつのまにか指きれてる」
しばらく痛がゆい。

……なんてじゅうとくなケガなんだ!
これって保護者が気をつけてあげなきゃいけないようなことかな。
防止しなきゃいけないほどのことか?
どんなにひどくたって紙で指を切り落としたりはできない。
なかにはささいな傷が命取りになるような子もいるけれど、その場合は言われるまでもなく気をつけてる。

私は、注意書きが必要なのは基本的に以下のふたつのどちらかに当てはまる場合だと思う。
・知らないと重大な不利益をこうむるおそれがある。
・その商品特有の(言われないとわからない)リスクがある。
紙で指が切れるのなんて他の本でもノートでも資料でもおこりうるし、結果も大したことじゃない。


この絵本は、「あたいは自由!」と勝手に動き回る子が主役のおはなしだ。
毎晩好きなところで眠るし、事件に首をつっこんで歩きまわる。
脇役には、かつて別のおはなしでルールにがんじがらめにされていた子と、ルールをぶちこわして助けだした人もいる。
そういう本の冒頭でこんな注意書きを目にするとは残念だ。


もしかすると気を利かせたつもりなのかもしれない。
クレームがあったのかもしれないし、それを先取りして対策したのかもしれない。
けれど、なんでも聞き入れるのが良い対応だとは思わない。
つっぱねなきゃいけない種類のクレームだってある。
委縮した大人の作るものは、受け取った人を委縮させる。

ムーミンやしきはひみつのにおい (講談社の翻訳絵本) -
ムーミンやしきはひみつのにおい (講談社の翻訳絵本) -

2015年01月21日

「望む日本」を映す鏡

『ハリー・ポッターと賢者の石』の次に『NO!ヘイト』を読んだ。
ネットやテレビや本屋で花盛りの日本礼賛ネタは、のぞみを映す鏡みたいなもんなんだなと思った。

ハリー・ポッターの一巻に、見た者の望みを映す鏡が出てくる。
鏡の前に立つ者の目には、逢いたい人といる自分や、ほしいものを手に入れた自分の姿が映る。
それはあくまで「望む姿」であって、「確定した未来」や「真実の姿」ではない。
だけど「一番の望み」は一番つつかれたら弱いところでもあるから、なかなか目が離せない。

はっきりと見えるのに虚像でしかない鏡の中ばかりを見ていると、そのうちおかしくなってしまう。
この甘美な鏡と上手につきあうのはとても難しい。


外国人がこんなに日本をほめてるよ!とか、日本人はこんなに立派だ!とかの本やテレビ番組やコピペは、この鏡とおなじ、見る者が望む姿だ。
今の日本には、「すてきな日本」を望む人がたくさんいる。

でもそれは、意識的にせよ無意識にせよ選びとった情報であって、「みんなが共有する真実」ではない。
真実が含まれていることもあるけれど、別の真実を抱えている人もいる。
そもそも自分にとって重要なテーマが他の人にとっても重要だとは限らない。


甘美な「望みの姿」は視野を狭くする。
それでなくたって視野に入るものより入らないものの方が多い。
見えない部分の広さを知らず、自分に見える部分だけが真実だと思い込むことはあやうい。

望みの鏡に映るものは前に立つ人によって違う。
だから、鏡に真実が映ると思い込んだ人同士は話が通じない。
鏡に映ったごくごく小さな世界は、外の人には通用しない。

観測範囲の限界を確認し続けることが、望みの鏡にとらわれないための方策なんだと思う。
そのためには自分とは違う現実の人とかかわるのが一番てっとりばやい。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1) -
ハリー・ポッターと賢者の石 (1) - NOヘイト!  出版の製造者責任を考える -
NOヘイト! 出版の製造者責任を考える -
posted by ヒギリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

アルコ『俺物語!!』(7) Aセク読み

超男前高校生が主人公の少女漫画。
男前というか「漢」というか「おのこ」というか「アニキ」というか。
少女漫画なのに主人公がごつくて暑苦しい野郎な異色作品。
その7巻がAセク的に面白かったです。
恋愛ものなのに恋愛向きじゃない人を無視せず描いてくれていて嬉しかった。

俺物語!! 7 (マーガレットコミックス) -
俺物語!! 7 (マーガレットコミックス) -


以下ネタバレ。



続きを読む
ラベル:セクマイ読み
posted by ヒギリ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評みたいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

日本語乱打

紙パックの野菜ジュースをもらった。
原材料名を読みながら飲んでたら、材料が野菜の部と果汁の部にわかれていた。
原材料は重量の多い順に表示される。
この商品は果汁合計よりでは野菜合計のほうが多いらしい。
でも合わせちゃうのっておかしくない?
たとえば野菜51%(ニンジン25%、砂糖大根20%、その他野菜6%)、
果汁49%(りんごジュース40%、その他果物9%)
だったら、実はリンゴジュースが一番多いんだけど野菜が先に表示されることになっちゃわないかな。
これは私が今適当に考えたパーセンテージだけど、実際のところ何がどれくらい使われているんだろう。

テレビをつけたらジョニーデップの映画のCMやってた。
ちょびヒゲがどうたら。いやこれカイゼルヒゲだよね。
ちょびヒゲってヒトラーとかチャップリンとかのあれだろ。

スーパーで豆せんべい買った。
レジの人に「ポイントカードはお持ちじゃなかったですか?」と言われた。
え?なに?「持ってる?」って聞かれたの?「持ってない?」なの?
正答は「はい」なの?「いいえ」なの!?
あ、「持ってません」でいいのか。と気づくまでに数秒かかった。
なんか「はうぃえ?」みたいな変な声でた。
「お持ちですか?」って言って欲しかったな。

豆せんべい食べた。
パッケージに「歯こぼれのいいお菓子です」と書かれていた。
はこぼれ?
刃こぼれというとあの「これだけの敵を相手にして刃こぼれひとつないとは…お侍さん、あんた相当な手練だね」「拙者、頭突き専門でござる」といった使い方をするあの刃こぼれではないの?
百歩譲って歯こぼれという言葉があったとしてもそれは歯が欠けてしまうとかそういう意味になるのではないだろうか。

よく使う道に喫茶店があって、ちっちゃい黒板の手書き看板を出している。
今日のおすすめは苺のなんちゃらで「旬を先取り!」って書いてあった。
まって!先取りしちゃったら旬じゃないよ!
ちなみにこの前は「焦がしキャラメルのなんちゃら」だった。
カラメルってざっくりいうと砂糖を焦がしたやつじゃないのか。よくわからん。


だからどうってこともないんだけど。
言葉につまずいて頭がとまっちゃう自分の性質が面倒くさい。
タグクラウド
Aセク Aセクシャル BL CM DV GID goo IDAHO IS LGBT MINMI NHK Roots sad TLGP UFO X−MEN あるある いじめ うさぎ おしゃれ おやつ お勧め こんにゃくゼリー しつけ ひきこもり まゆ もったいない もとはしさとこ ものづくり やっかみ やり直し やる気 アイデンティティ アカー アセクシャル アトピー アニメ アメリカ アルバイト アンパンマン アン・スモーリン アート イギリス イタリア イベント イラン インターネット インド インナーチャイルド インフルエンザ ウサビッチ エイズ エドワード・ゴーリー カップル思想 カムアウト キャロル・オフ クィア クローズアップ現代 ケア ゲイ ゲーム コミュニケーション ゴーリー サポート システム ジェンダー ジャッキー・ケイ ジョン・ガイナン スキヤキウエスタン スパム スポーツ セクシャルマイノリティ セクシュアリティ セクマイ読み タイトル評 テレビ ディロン トーベ・ヤンソン ドキュメンタリー ドラマ ナショナリズム ニューカマー ニュース ニート ネット ネット広告 バイセクシャル バッシング バリアフリー パウロ・コエーリョ パレード パワーハラスメント ビッグイシュー ピーコ ファクタ ファンタジー ファン心理 フィルタリング フェミニズム フリーター ブクログ ブラ男 ブログ ブログ村 プライド ヘテロセクシズム ヘテロセクシャル ペット ホモソーシャル ホモフォビア ホワイトカラー・エグゼンプション ボランティア ポジティブ マイノリティ マジョリティ マスコミ マタニティマーク マナー マナー向上員 ママ ムーミン メディア メディアリテラシー メンタル モラル ラジオドラマ ラベリング リテラシー レインツリーの国 レゲエ レベッカ・ブラウン 三森ゆりか 三谷幸喜 上野動物園 上野千鶴子 下着 不妊 不安 不幸 不正採用 不況 不登校 世代 中学校 中村文則 事件 事故 二丁目 二千円札 二次加害 京極堂 京極夏彦 仕事 体罰 倉敷市 倉本智明 倫理 偏見 健常 健康食品 優先席 優生思想 児童 児童書 入管法 全盲 写真 写真集 冤罪 出産 制服 動機付け 動物 北朝鮮 北海道 卒業 厚生労働相 原因論 原爆 参院選 友人 可愛い 吉永みち子 同性愛 名づけ 名付け 名前 君が代 和歌 和歌山県 和田秀樹 図書館 国旗 国連安保理 地下鉄 地域 地震のこと 報道 売春防止法 売防法 外国人 夢判断 大人 大分 大学生 大統領選 大阪 夫婦 女性 姑獲鳥 婚姻 子ども 子供 子宮頸がん 子持ち 子無し 子育て 学校 学生 安倍晋三 安全 安心 宗教 定時制 宮城県 宮沢賢治 家事スキル 家庭 家庭科 家族 寓話 対処 対話 小中学校 小学校 小説 少子化 少年犯罪 少数派 就労 尾辻かな子 島村洋子 島根県警 工藤定次 差別 差別用語 希望格差 常識 平野広朗 幸せ 府中青年の家 引きこもり 弱者 弱視 心理 心理学 思い込み 性善説 性教育 性暴力 性犯罪 性的指向 恋愛 恋愛至上主義 情報 愛情 感動 感情 慣れ 我慢 戦争 戸籍 手引き 批判 投票 拷問 携帯電話 摂食障害 支援 政治 政策 教員 教職 教育 教育再生会議 教育再生懇談会 教育委員会 整理 斉藤環 新潟 新聞 日本の、これから 日本テレビ 映画 普通 景気 暴力 暴言 書評 月経 有川浩 服装 未婚 本多孝好 本能論 札幌 朴裕河 村上龍 条例 東京プライドパレード 東京都 東北農政局 松森果梨 柳沢伯夫 格差 桐野夏生 梨木香歩 森永アロエヨーグルト 権利 横浜市 欲求 正義 歩行 死刑 民主党 洋画 活字中毒 浜崎あゆみ 清水尚 熟年 父親 特報首都圏 犯罪 猿橋賞 珍名 理解 生徒 生活保護 生理 生理的 男性 町村官房長官 異性愛 異性愛至上主義 痴漢 発達障害 百合 盲導犬 知る権利 短編集 砂川秀樹 社会 社会不安障害 神戸市 福祉 税制 童謡 笑い 管理 紅白歌合戦 経済 結婚 結婚式 絵本 練馬区 署名 美学 義務 義務教育 義家弘介 聴覚障害 職場環境 育児 脳内メーカー 自分探し 自己肯定感 自死 自死遺族 自殺 自閉症 芳賀優子 芸能 芸術 若者 薬物 虐待 行事 行政 表現 裁判 西村賢太 規制 規範 視覚障害 視覚障害者との接し方 親切 親子 言葉 訃報 詐欺 評価 読売新聞 読書 貧乏性 責任 足立区 農業 遊び 運動 道徳 遥洋子 選挙 邦画 都城市 配慮 野球 障害 集団 雑誌 難聴 電車 非行 韓国 音声信号 音楽 飲酒 飲酒運転 餓死 駅員 駒尺喜美 騒音 高校 高校生 高楼方子 鳩山法相 DHC
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。