2006年02月15日

ヘムレンさんとサロメちゃんと不登校

なんにでも、時期というものがあってね。いまは、はたらくときなのさ。


ラッパ吹きのヘムレンさんと、はい虫のサロメちゃんは『ムーミン谷の冬』に出てきます。

ヘムレンさん(ヘムル族)はたいてい収集家で強いこだわりを持っています。
善良で、好きなモノが目に入るとまわりが見えなくなる一極集中タイプですね。
ちょっとアスペルガーっぽいかもしれません。


ここに出てくるヘムレンさんは収集はしませんがスキー大好きのスポーツマンです。
朝もはよからラッパを高らかに吹き、さっそうと登場します。
まわりじゅう真っ白になる雪の中、川で気持ちよく水泳にはげみ、

「こいつはよけいな考えや、くよくよした思いを、きれいに追いだしてしまうんだ。
 たしかに、家にこもってじっとしているほど、わるいことはないね。」


とのたまい、
あまつさえ、家にこもったりなんかしていたらだめになると言ってのけます。

・・・まあ、正論なんですが。ひきこもりにはやさしくないです。
森田健作ばりの爽やかさと健全さです。
(もっとも、森田健作と違って異論を許さない健全さではないところが救いではあります)
そしてそのあまりにも強烈な健全さで、ひんしゅくを買いまくっています。


このときヘムレンさんを嫌がっているのは、
大雪と寒波でムーミン屋敷に避難してきた人たちです。
ムーミン家の世話になりながら、卑屈になって昔を懐かしんでばかりいます。
それはたしかに気持ちのいい風景では有りません。

しかしこの人たちは住み慣れた家を離れざるを得なくなって
ショックを受けているし新しいことを始める段階にはまだ到達していません。
ヘムレンさんの言葉をかりるなら、今は休養が必要な時期なのです。
弱っている時にヘムレンさんみたいな人は
あまり見たくありませんから、うとましがるのも無理はありません。

しかしヘムレンさんの前に言い訳は無力です。
気を悪くすることもなく

「うん、そうか、いずれ、ぼくのいったとおりだと、わかってくるだろうがね」


と自分の正しさをまったくうたがいません。


そんなヘムレンさんを唯一したっているのが小さな「はい虫」のサロメちゃんです。
サロメちゃんは一生懸命ヘムレンさんのあとをチョコチョコとついてまわります。
でも引っ込み思案なサロメちゃんの小さな声は、ヘムレンさんにはとどきません。


おしゃまさんいわく、
この世界(引用者注、冬の世界)には、
夏や秋や春にはくらす場所をもたないものが、いろいろといるのよ。
みんな、とっても内気で、すこしかわりものなの。
ある種の夜のけものとか、ほかの人たちとはうまくつきあっていけない人とか、
だれもそんなものがいるなんて、思いもしない生き物とかね


サロメちゃんは夏や秋や春には暮らしにくい子なんだろうと思います。
でも、冬の住人ではない。

冬の住人なら、きっとヘムレンさんは苦手だと言って
いや、口に出すことさえせずに、黙って逃げていくでしょう。
ヘムレンさんの強烈な健全さにひかれるのは、
サロメちゃんが冬の住人とは違っていることの証拠のように思えます。
この子はまだ、冬以外の季節でも生きていける。



なんだかこのふたり、
私には金八かぶれの外し気味熱血教師と保健室登校の生徒のように見えます。
正しいことを主張するばかりの教師というものは、
学校に行けないことに良心の呵責を感じているタイプの子どもにとっては
かなりのプレッシャーですから、有害なだけだと私は思っています。


学校なんか、死ぬほど嫌なら行かなくてもいいんです。
命の方がよっぽど大事ですから、死ぬくらいなら行かなくていい。
でも、行けるならいったほうがいい。
行かないより行く方が、後が楽だからです。

学校から他の社会へというルートが一番一般的で楽なんです。
勉強とか、学校に行くという経験の共有があるのとないのとではまったく違いますから。
行く行かないが問題なんじゃなくて、生きる道の問題なんです。


行けなくて苦しんでいる子に学校へ行くべきだなんて道理を説くのは、
行けない子に自己嫌悪と絶望を植え付けるだけです。
けれどその後の苦労や生きにくさをなにも見ずに、無責任に迎合して
「そのままの君でいいんだよ。学校なんか行かなくても立派に生きている人はいる」
なんていう奴も同じくらいに、時にそれ以上に有害です。
そんなことをいうのなら、立派に生きる方法とやらを教えるべきです。


サロメちゃんは、冬の住人ではありません。
学校でいえば、クラスになじめずにいるけれど学校に参加したがっている。
そういう子には不登校は悪くないと告げるよりも、
行ける環境を作ってあげるほうがいい。

だから時には、ヘムレンさんのような人も必要なんだろうな。
こっちの都合なんか考えもせずに健全さを主張する人が。


※保健室登校はたいしたことがないから教室に引きずり出せと言っているわけではありません。不登校だろうが保健室登校だろうがひきこもりだろうが、外に出やすい環境をつくることと、今のその人自身を否定しないことの両立を目指すべきだと思っています。



トーベ・ヤンソン
Amazonランキング:185015位
Amazonおすすめ度:


この記事へのコメント
全くもって同感です

私もサロメちゃん大好きです!
Posted by くう at 2015年03月16日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13336906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

不登校のネタ
Excerpt: 不登校のネタを追いかけるヨ!
Weblog: ネタ蔵
Tracked: 2006-02-16 03:46
タグクラウド
Aセク Aセクシャル BL CM DV GID goo IDAHO IS LGBT MINMI NHK Roots sad TLGP UFO X−MEN あるある いじめ うさぎ おしゃれ おやつ お勧め こんにゃくゼリー しつけ ひきこもり まゆ もったいない もとはしさとこ ものづくり やっかみ やり直し やる気 アイデンティティ アカー アセクシャル アトピー アニメ アメリカ アルバイト アンパンマン アン・スモーリン アート イギリス イタリア イベント イラン インターネット インド インナーチャイルド インフルエンザ ウサビッチ エイズ エドワード・ゴーリー カップル思想 カムアウト キャロル・オフ クィア クローズアップ現代 ケア ゲイ ゲーム コミュニケーション ゴーリー サポート システム ジェンダー ジャッキー・ケイ ジョン・ガイナン スキヤキウエスタン スパム スポーツ セクシャルマイノリティ セクシュアリティ セクマイ読み タイトル評 テレビ ディロン トーベ・ヤンソン ドキュメンタリー ドラマ ナショナリズム ニューカマー ニュース ニート ネット ネット広告 バイセクシャル バッシング バリアフリー パウロ・コエーリョ パレード パワーハラスメント ビッグイシュー ピーコ ファクタ ファンタジー ファン心理 フィルタリング フェミニズム フリーター ブクログ ブラ男 ブログ ブログ村 プライド ヘテロセクシズム ヘテロセクシャル ペット ホモソーシャル ホモフォビア ホワイトカラー・エグゼンプション ボランティア ポジティブ マイノリティ マジョリティ マスコミ マタニティマーク マナー マナー向上員 ママ ムーミン メディア メディアリテラシー メンタル モラル ラジオドラマ ラベリング リテラシー レインツリーの国 レゲエ レベッカ・ブラウン 三森ゆりか 三谷幸喜 上野動物園 上野千鶴子 下着 不妊 不安 不幸 不正採用 不況 不登校 世代 中学校 中村文則 事件 事故 二丁目 二千円札 二次加害 京極堂 京極夏彦 仕事 体罰 倉敷市 倉本智明 倫理 偏見 健常 健康食品 優先席 優生思想 児童 児童書 入管法 全盲 写真 写真集 冤罪 出産 制服 動機付け 動物 北朝鮮 北海道 卒業 厚生労働相 原因論 原爆 参院選 友人 可愛い 吉永みち子 同性愛 名づけ 名付け 名前 君が代 和歌 和歌山県 和田秀樹 図書館 国旗 国連安保理 地下鉄 地域 地震のこと 報道 売春防止法 売防法 外国人 夢判断 大人 大分 大学生 大統領選 大阪 夫婦 女性 姑獲鳥 婚姻 子ども 子供 子宮頸がん 子持ち 子無し 子育て 学校 学生 安倍晋三 安全 安心 宗教 定時制 宮城県 宮沢賢治 家事スキル 家庭 家庭科 家族 寓話 対処 対話 小中学校 小学校 小説 少子化 少年犯罪 少数派 就労 尾辻かな子 島村洋子 島根県警 工藤定次 差別 差別用語 希望格差 常識 平野広朗 幸せ 府中青年の家 引きこもり 弱者 弱視 心理 心理学 思い込み 性善説 性教育 性暴力 性犯罪 性的指向 恋愛 恋愛至上主義 情報 愛情 感動 感情 慣れ 我慢 戦争 戸籍 手引き 批判 投票 拷問 携帯電話 摂食障害 支援 政治 政策 教員 教職 教育 教育再生会議 教育再生懇談会 教育委員会 整理 斉藤環 新潟 新聞 日本の、これから 日本テレビ 映画 普通 景気 暴力 暴言 書評 月経 有川浩 服装 未婚 本多孝好 本能論 札幌 朴裕河 村上龍 条例 東京プライドパレード 東京都 東北農政局 松森果梨 柳沢伯夫 格差 桐野夏生 梨木香歩 森永アロエヨーグルト 権利 横浜市 欲求 正義 歩行 死刑 民主党 洋画 活字中毒 浜崎あゆみ 清水尚 熟年 父親 特報首都圏 犯罪 猿橋賞 珍名 理解 生徒 生活保護 生理 生理的 男性 町村官房長官 異性愛 異性愛至上主義 痴漢 発達障害 百合 盲導犬 知る権利 短編集 砂川秀樹 社会 社会不安障害 神戸市 福祉 税制 童謡 笑い 管理 紅白歌合戦 経済 結婚 結婚式 絵本 練馬区 署名 美学 義務 義務教育 義家弘介 聴覚障害 職場環境 育児 脳内メーカー 自分探し 自己肯定感 自死 自死遺族 自殺 自閉症 芳賀優子 芸能 芸術 若者 薬物 虐待 行事 行政 表現 裁判 西村賢太 規制 規範 視覚障害 視覚障害者との接し方 親切 親子 言葉 訃報 詐欺 評価 読売新聞 読書 貧乏性 責任 足立区 農業 遊び 運動 道徳 遥洋子 選挙 邦画 都城市 配慮 野球 障害 集団 雑誌 難聴 電車 非行 韓国 音声信号 音楽 飲酒 飲酒運転 餓死 駅員 駒尺喜美 騒音 高校 高校生 高楼方子 鳩山法相 DHC